不動産は高額売却を目指して

売却時にできるだけトラブルは避けたい

売却時にできるだけトラブルは避けたいですから、担当者には物件にかかわる情報は、正確に伝えることもしっかりとやりました。
近隣でのなにかの些細なトラブルが生じたことはないかとか、良い情報だけではなく、マイナスの情報も担当へは伝えるべきでしょう。
正直なところ、高く売却したいとなると、マイナス要素の情報は、あまり言いたくない気持ちも出てきて仕方のないことです。
でもマイナスの情報こそ、最初に話しておいたほうがいいのは、後々でトラブルになる可能性が高いからです。
後からトラブルになると、もっと厄介なことになります。
でも担当者が信頼できる人間であれば、マイナスの情報を伝えたとしても、売却時には悪い印象にはすることなく、上手に正直な情報として伝えてくれることになるので、マイナスのことも話しておくことです。
できるだけ高額での売却を望んでいましたので、物件のメンテナンスはキチンと行っていました。
これもすごく重要な項目であり、売ると決めたらもうメンテナンスをしないというのは、価格を下げてしまう要因になるので、その心の隙は作らないことです。
水道管やガスなどの設備に関しましても、売却となるまでは定期点検は欠かさないで行いました。
物件のメンテナンスの中には、立ち会うを要するものもあるので、少し面倒に感じることもあります。
でも正式に高額での売却をするためにも、打ったあとにトラブルが起きないためにも、物件はメンテナンスをするのが大前提だと実感をしています。
購入希望者が出て決ますと、当然ですがない件にやってきます。
この時に内見では、部屋の様子を目を更にしてみますので、部屋の中は可能な限り綺麗にしておくことが重要です。
室内に入ったら間取りをチェックして、使いやすさなどを見るので、室内には荷物を散らかすことなく、できるだけシンプルな室内にしておくことです。
床や部屋の壁まで、うちではピカピカにしておきました。

不動産の高額売却を目指して : 売却時にできるだけトラブルは避けたい